脂肪吸引の痛み

どの位いたいのかという事は、なかなか言葉で言い表すというのは難しいと思います。実際に脂肪吸引の手術を受けてみると、事前に医師から聞いていた話よりも更に強い痛みを感じる、という人もいるみたいですね。

術後は筋肉痛に似た痛みが続く事があると患者に説明している医師もいる様ですね。程度にもよると思いますが、筋肉痛は動いたりすると強く痛む事はありますが、何もしていない時には、痛くて耐えられないという事はあまりないと思います。

しかし、脂肪吸引の手術を受けて麻酔が切れた頃には、耐えるのが辛いほどの痛みを感じたという人もいるみたいです。

痛みに弱い人は、手術を受けるかどうかよく考えたいですね。

脂肪吸引できるのは皮下脂肪だけ

お腹周りがだらしなくなる原因は、2種類の脂肪の存在にあります。1つは、内臓脂肪といって、お腹の内臓周りに蓄積される脂肪です。食事や運動等の生活習慣の改善で減らしやすい脂肪ですが、吸引で取り除くことはできません。

特に、体の負荷が小さくて長時間運動する有酸素運動が効果的です。もう1つは、皮下脂肪といって、皮膚のすぐ下に蓄積される脂肪で、脂肪吸引で取り除くことができます。この脂肪は女性につきやすく、腹筋に力を入れた時に摘めるかどうかで判断できます。摘める量が多ければ多いほど、脂肪吸引の効果が大きくなります。

美容整形での脂肪吸引技術も向上している

美容整形で脂肪吸引をするのは良い選択だと言えます。一度付いた脂肪はなかなか落とすことができないので、脂肪を直接取り除くのが1番楽です。肌に傷が残る不安を持っている方がいるかと思われますが、美容整形の技術は向上しているので、心配しなくて大丈夫です。

近年、人気が高い施術方法として切らない脂肪吸引があります。これは専用のマシンを用いて、加熱や冷却、凍結、溶かすことで脂肪を取り除く方法になっています。ただ、切らない方法はドクターのスキルが結果を左右するので、高い技術力があるクリニックを選ぶようにしてください。

美容整形の脂肪吸引の体験談

美容整形のひとつ、脂肪吸引の施術を受けたいと考えたら、まずは実際に施術を受けた人の声を確認しておく事がおすすめです。 大阪で施術を受けたいのであれば、行ける範囲のクリニックでの施術の体験談を確認しておくと良いでしょう。

施術を受ければすぐに綺麗に脂肪がなくなると考える人は少なくありませんが、施術は体への負担が大きく、トラブルが起きる可能性がないとは言い切れません。 それだけに、実際に施術を受けた人の声を参考に、最適なクリニックを選ぶ事が重要になってきます。 美容整形を考えたら、まずは情報収集が大切です。

豊胸手術vaserについて

昔から豊胸手術において脂肪吸引施術は、脂肪を取ることができて、かつ胸を大きくすることができるという所か人気がありましたが、近年ではこれが更に進化してvaserと呼ばれる施術が今人気を集めています。

一体どのような施術なのかといいますと、まずは注射で脂肪細胞と吸収します。そのとった脂肪細胞を胸に入れて胸を大きくするという施術です。脂肪ではなく脂肪細胞そのものを移植するため、定着率が今までよりも遥かに高く、永久性も非常に高くなってきています。価格は今までよりも上がってしまいますが、それだけのお金を払う効果を得ることができます。

脂肪吸引で効率良く脂肪を取り除ける

体内から直接脂肪を取り除く方法として脂肪吸引がありますが、これはダイエットよりも効果的です。特殊な機器を使用し、皮下脂肪のみを取り除いてくれるため、リバウンドする確率が少ないメリットを持ちます。

専用のカニューレを挿入するのですが、この時止血や鎮静効果もあるチュメセント麻酔液を同時に注入することで、痛みを抑えられるのです。開始された当時は施術後に凸凹が目立っていたのですが、最近のものは進歩しているため改善されています。水流で脂肪を分解するボディジェットと呼ばれる脂肪吸引もクリニックでは行っているのです。

ページトップへ戻る