まだ間に合う豊胸

バストというのは女性のシンボルと言われていますが、大きいだけでなく形も重要になってきます。

理想とされる大きさは、身長×0.53です。
また男性が好む大きさはCカップからDカップだと言われています。

女性らしい丸みのあるツンと上を向いた、バストをめざすなら美容整形での豊胸もおすすめです。これならただ大きいだけでなく理想の形の豊胸ができます。

美容整形の豊胸には大きく分けて2つの種類があります。1つはインプラントといって人体に無害なパックを挿入する方法です。もうひとつは、本人の脂肪を吸引し、それを胸に注入します。

どちらもメリット、デメリットがあるのでよく相談してみるとよいでしょう。

◆美容整形でアンチエイジング◆

3)フェイスリフト「糸」
特殊な糸を皮膚下に挿入し、糸表面の特殊な作用で、肌の表面の張りを取り戻すメスを使わないリフト術です。この方法は注射針程度の針を使用し局所麻酔による短時間の手術なので、腫れも少なく、傷跡も残らないので、翌日からメイクも出来る若返り術です。

美容整形や豊胸手術と寝転ぶ時の姿勢

美容整形の仕上りに重点を置くためには、名医のサポートを受けることが課題として挙げられます。 特に、寝転ぶ時に違和感がないようにするために、豊胸手術のメリットやデメリットを早いうちから調べてみることが良いでしょう。

大手のクリニックのサポートの内容に関しては、一般の女性の間でしばしば意見のやり取りが行われることがありますが、すでに美容整形を経験した人から分かりやすいアドバイスを受けることがおすすめです。 そして、まずは話題性のある美容整形の内容に目を向けることで、何時でも落ち着いて行動をすることができます。

触ってもバレない豊胸手術方法とは

大阪には豊胸手術を行っている美容外科が多く存在し、手術の方法も多岐にわたります。ヒアルロン酸注入及び脂肪注入はどちらもメスを使わずにできる豊胸手術なので、傷跡が原因でバレる可能性は低いです。

触って確かめられた時にバレにくいのは脂肪注入です。人工物ではなく自分の脂肪を使うため、柔らかいからです。ヒアルロン酸はシリコンバッグよりは自然ですが、やはり人工物なので硬さがあり、脂肪注入よりもバレやすいです。

ただし、脂肪注入なら絶対にバレないという保証があるわけではなく、自然な仕上がりになるかどうかは施術者の技量に左右される部分もあります。

豊胸手術を受ける美容外科の選び方

豊胸手術を受ける美容外科を選ぶ際のポイントがいくつかあります。まず、費用は同じ施術の内容でも自由に設定することができるため、内容と費用をしっかりと比較した上で選ぶことが大切です。

また、医師の過去の経歴や技術力、施術件数を確認する必要があります。そして、無料のカウンセリングを行っているところが多いので、複数のカウンセリングを受けて雰囲気などを確かめることが望ましいです。

カウンセリングを受けた際に、メリットや注意点、費用などについて、医師がきちんと説明してくれるかどうかも判断基準の1つになります。豊胸手術を受ける美容外科は、自分が安心して任せることができるところを選ぶことが重要です。

美容外科クリニックで受ける豊胸

美容外科クリニックで人気の豊胸施術は、なりたいバストの大きさや形に合わせていくつかの方法が用意されています。3カップ以上の大きなバストを手に入れたいという場合には、シリコンバッグを入れるという方法で進められることになります。

シリコンバッグには種類があり、大きさや形、やわらかさまで選ぶことができます。脇の下やバスト下を少し切って入れることになるので、傷跡も目立ちにくく安心です。

しかし、外科手術には抵抗があるというのであれば、注射で入れる方法もあります。ヒアルロン酸であったり、異物を入れるのには不安があるのなら、自分の血液や脂肪を入れるという方法も用意されています。

vaser使用で豊胸手術をする

胸が小さくて悩んでいる人は、思い切って美容外科で豊胸手術をするという選択肢があります。豊胸手術というと、胸にシリコンを入れるイメージが強いです。しかし最近では、vaser使用脂肪注入豊胸が人気あります。

なぜなら、自然な仕上がりで柔らかく、胸への定着率が高いからです。vaserというのは、世界最高峰の脂肪吸引装置です。これを使って腰回りや太ももなどから脂肪を吸引します。

そして自分の胸に注入します。自分の脂肪でバストアップ出来るので、自然なボリュームが出ます。しかし、痩せている人は脂肪を吸引出来ないので、この手術方法は出来ません。

vaserと豊胸手術

胸を確実に大きくしたいと考えた場合に有効な方法が、豊胸手術です。ただ、施術によっては体に大きな負担がかかる事になります。この負担を軽減させたいと考えた場合、注目をしておいて損がないのが、施術の方法です。

体の不要な脂肪を吸引して、胸に注入していく脂肪注入法の場合、vaserというマシンを使って脂肪吸引を行っているクリニックを選べば、それだけでも、体への負担が少ない状態での施術が可能となります。勿論、施術後ダウンタイム等は必要になり、数日は休める状態を作っておく必要がありますが、体に負担が少ない方が、より早く日常生活に戻れる事になります。

海外では豊胸手術をするのかについて

日本国内においては、豊胸することによってバストを大きく見せたいという女性は比較的多い傾向にあります。しかし、海外の場合は事情が違います。外国では、むしろ胸を小さく見せる手術を行うのが主流となっています。

 これは、日本人のルーツがシベリアの寒冷地に住んでいて、そこからわたってきた経緯を持っています。シベリアの寒冷地に住む人の特徴としては、身体の凹凸がゆるやかという傾向があります。そのため、日本国内ではそうした身体のラインを欧米人に似せるために豊胸手術をおこないます。

 一方、外国の場合は胸が大きくなりがちなため、逆に肩がこってしまうなどの苦痛を伴うことがあるためバストを小さくしておく手術がとられることが多いです。ただ、豊胸手術をする人もいないというわけではありません。


ページトップへ戻る